面接ではある程度きちんとしていく
NAVIGATION

面接ではある程度きちんとしていく

面接での格好というのは、ある程度きちんとしておくのがベストです。どんなところを受けるにしても、私服はどんなものでもいいというところであっても、やはりここは襟のついたジャケットなどを着ていくのがマナーです。実際に働き出したら、そこの規定にそった服装でいいですが、まだそこに行く段階です。ある程度きちんとした恰好で臨むほうが、合否の結果にも影響はでてきます。採用になるかどうかというところで、場所や内容ということで服装まで気を使えるかどうかというところも見られてきます。やはり、相手に清潔感とまじめな印象を与える服装が決めてです。

そして、受け答えははっきりと行うことです。小さな声では聞き取りにくいので、きちんと話していき、笑顔も忘れず対応していくのが基本です。どんな受け答えでも、この笑顔が出てこないのであれば、印象はすごく悪くなってしまいます。なので、笑顔できちんとお礼も言えれば、印象としては合格です。あとは採用できるかどうかの条件になってきます。向こうの条件と折り合わないというところがあれば、できないの一点張りではなくて、譲歩する気持ちを持つことが大事です。その譲歩できるかどうかも見られています。